tds
高齢者講習
より一層の交通安全にお役立ていただく為に

高齢者講習

人は年齢とともに記憶力や判断力が低下します。肉体的にも体力や視力が衰え、若いときと同じではいられません。
そうした心身の変化を理解し変化に応じた運転を心がけるために、満70歳以上の方は、運転免許証の更新前に高齢者講習の受講が義務付けられています。

受講のご案内

講習受講のお知らせ(ハガキ)

運転免許証の更新期間が満了する日の6ヶ月前頃に、緑色か黄色のハガキで「講習のお知らせ」が届きます。
お誕生日の5ヵ月前から免許証の更新期間の満了日までの間に高齢者講習を受けてください。

講習の受講場所が指定されていますので、その内容に従ってください。
予約変更やお問合せは下記までお問合せ下さい。
※埼玉県運転免許センター 高齢者講習相談窓口
電話0570-02-5489(ナビダイヤル)
平日9:00~16:00
(土・日・祝日及び年末年始の電話予約は行っていません)

講習受講の流れ

手数料(料金)

70歳から74歳の方
免許の種類 普通免許・原付免許
手数料 ¥5,100
時間 2時間
内容 ・座学
・視力検査など
・運転指導
・安全運転に関する討議
75歳以上の方
免許の種類 普通免許・原付免許 普通免許・原付免許
手数料 ¥5,100 ¥7,950
時間 2時間 3時間
点数 認知機能検査が76点以上の方 認知機能検査が49点~76点未満の方
内容 ・座学
・運転適性指導
・運転指導
・座学
・運転適性指導
・運転指導
・個別指導

当日の持ち物

高齢者講習
  • 運転免許証
  • 高齢者講習受講のお知らせ(はがき)
  • 講習手数料
  • 筆記具
  • 運転に適した服装(げた・サンダルは不可)
  • メガネ・補聴器等が必要な方は忘れずにお持ちください。
  • 認知機能検査結果通知書(75歳以上の方のみ)

※講習の終わりに「高齢者講習終了証明書」を発行いたしますので、運転免許更新時に一緒にお持ち下さい。